こちらは薄毛・抜毛を体験談をシェアしています。

ナツナツ

今回は20代前半で抜毛に悩んだ由佳(仮名)さんの体験談です。食生活てホント大切です

お菓子食べまくりの20代前半で抜毛に!

choco

現在29歳、ライターの仕事をしています。29歳というとまだまだ薄毛とは無縁な印象があったのですが、抜け毛が増えて悩んでいた時期があります。

抜け毛が増えたのは20代前半ころです。2~3年ほど悩みました。その当時は何が原因だったのかわからなかったのですが、今思うと食事バランスが原因だったのだと思います。

私はお菓子が大好きで、チョコレートをよく食べていました。毎日板チョコ1枚や箱入りのアーモンドチョコレート1箱など食べていました。甘いものばかり食べるからなのか、口角炎を起こしてしまうことがありました。髪が抜けるようになったのはその時からです。

抜毛対策シャンプーを試すも効果なし!

そのときは抜け毛の原因が何かわからなかったので、シャンプーを丁寧にして抜け毛対策をしていたのですが、大きな変化はありませんでした。いくつかの抜毛対策シャンプーを試しましたが、どれも期待している効果はありませんでした。

お菓子をやめた!でも肌荒れ・抜毛も治らない!

食事の改善をしようと思ったのは、口角炎がひどくなったからです。口角炎を改善するために食事を見直したら、抜け毛も改善されてきたのです。

まずはお菓子を食べることをやめました。お菓子が原因で口角炎を起こしていると思ったからです。思っていた通り、お菓子を食べることをやめたら口角炎は治りました。でも、肌は依然ときれいな状態ではありません。そもそも口内炎を治す目的でお菓子を辞めたので、抜毛に関しての改善などは、のこ時は考えもせず、肌荒ればかりが気になっていました。

肌荒れ対策の豆や野菜で思いがけず抜毛も改善!

nattogohan

そこで、タンパク質と亜鉛を意識して摂取するようにしました。ネット検索で、「タンパク質も亜鉛も肌細胞の生まれ変わりに必要」と書かれていたので、そのあたりは鵜呑みで。

タンパク質を摂るために、毎日納豆や豆腐などの大豆製品を食べています。納豆や豆腐などは調理要らずで食べられるので食事の準備が楽で便利です。亜鉛はごまやカシューナッツなどナッツ類から摂取をしています。

そして、野菜もたくさん食べるようにしました。ほうれん草、小松菜、ブロッコリーなど色が濃い野菜を意識して食べています
その結果、肌がきれいになってきました。それだけでなく、抜け毛も減ってきたのです。

たんぱく質と亜鉛不足に気をつけて!

チョコレートは糖分と脂肪分を多く含んでいますが、糖分と脂肪分の過剰摂取は皮脂分泌量を増やします。過剰な皮脂は毛穴をつまらせて抜け毛の原因となります。また、タンパク質と亜鉛が不足をすると抜け毛が増えます。どちらも髪の成長に必要な栄養です。

食事の見直しは薄毛の改善が目的で行ったものではありませんでしたが、うれしいことに薄毛が改善されました。今も食事には気をつけていて、髪のことで悩むことはありません。

スポンサードリンク