ナツナツ

今回は、デパ地下スタッフだったミキさんの体験談です。長く勤めていることで、責任ある仕事を強いられ、加えてお子様のことでも心労が重なって円形脱毛症になってしまったそうです

食料品働く女性s

デパ地下フロアで苦情処置やモンスター新人の教育に疲労困憊

37歳で現在は専業主婦です。5年前まで私は百貨店の食料品販売のフロアで洋菓子店の店員として働いていました。

そこは小さな店舗(プロパー)だったので1日に2人か3人で店を回します。その為、長年働いていると店長不在の時には店長の代わりで苦情の対応をすることもあり、電話で何度が苦情を処理していました。

当時、新人アルバイトの教育もあり、それが重なったことで精神的にとても疲れていました。新人さんが人の話はちっとも聞かずに好き勝手をするというモンスター新人で、私の精神は一気にボロボロになったのです。

昼食に出るも疲れすぎてお弁当が食べられず、おかずを少し食べてお茶で流し込む、というようなことをしていました。

くくった髪が束で抜けて円形脱毛に!

ある朝、出勤のために髪をくくろうとするとごそっと大量の毛が束で抜けました

ええ!?と思って三面鏡で後を確認すると、頭頂部がぽっかり穴があいたように禿げが出来ていたのです。これが円形脱毛症か!と思いました。

抜け毛が多いなあとは気になっていたのですが、これは抜け毛なんていうレベルじゃありませんでした。

職場では衛生のために帽子を被るので問題ありませんが、丁度小さな子供が2人いたので私がどんどん痩せていくのは育児で悩んでいるのではないかと保育園の先生に心配されてしまったり、色々影響がありました。

膀胱炎、発熱、体は限界で店長に報告

と、同時に体にも不調症状が現れたのです。ストレスから免疫力が低下し、お風呂で大腸菌に感染して膀胱炎が頻発、毎月40度の発熱をだすなど体も限界に来ていることがハッキリと判ったので、夫が仕事をやめるようにと言うほどでした。

3ヶ月ほど続いたところでいよいよ倒れそうになり、店長に報告と相談。最近体調悪そうだね、とは言っていましたがそこまでになっているとは思っていなかったらしい店長は仰天し、営業さんに連絡、私は勤務時間を減らし店長の代わりの苦情受付はしなくても良いこと、新人アルバイトさんは他店舗へ異動が決定しました。

仕事を週に2日くらいまでに減らしたので他の日はゆっくりと家事をしたりして極力仕事のことは考えず、自然がたくさんあるところへピクニックや散歩にいくなど体力をつけることとリフレッシュすることにつとめた結果、半年後には円形脱毛症はなくなりました。

ストレス抜け毛がクセになり退職

しかしそれ以来、少しでもストレスがたまると抜け毛が増えたり体調が急劇に悪くなったりするので、仕事は退職しました。

そして頭皮環境を良くしようと考えた結果、シャンプーは天然素材のものに変えてリンスをお酢ですることにし、頭皮マッサージなどにも通っています。

ナツナツ

責任感があってギリギリまで頑張ってしまったミキさん。思い切って店長に相談してみてよかったですね。

スポンサードリンク